ジェイソン・ボーンの映画の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約3分で読めます。

ジェイソン・ボーンは2016年のアメリカ合衆国のアクション・スパイ・スリラー映画です。

ポール・グリーングラス監督・製作・脚本、クリストファー・ラウズ共同脚本のシリーズです。
「ボーン」三部作と「ボーン・レガシー」に続く「ボーン」シリーズの5作目です。
でも、厳密に言うと2012年の『ボーン・レガシー』の続編ではないです。

3作目の「ボーン・アルティメイタム」でブラックブライアー作戦の関係者たちと決着をつけた後、ジェイソン・ボーンは地下格闘技に参加して生計を立てていました。
そこにかつてボーンと共闘した元CIA局員のニッキーがやってきます。
彼女はCIAとボーン、そして彼の父親に関する更なる秘密を携えて来たのですが、刺客に襲われカーチェイスの末に彼女を殺されてしまいました。
ボーンは謎を探るため、CIA局員のヘザーと共闘し、新たなCIAの計画であるアイロンハンドを進めるロバート・デューイCIA長官と戦います。

キャスト
ジェイソン・ボーン – マット・デイモン
ロバート・デューイCIA長官 – トミー・リー・ジョーンズ
ヘザー・リー – アリシア・ヴィキャンデル
アセット(作戦員) – ヴァンサン・カッセル
ニッキー・パーソンズ – ジュリア・スタイルズ
アーロン・カルーア – リズ・アーメッド: ディープドリーム社CEO
クレイグ・ジェファーズ – アトー・エッサンドー(英語版): CIA捜査官
エドウィン・ラッセル情報長官 – スコット・シェパード(英語版)
マルコム・スミス – ビル・キャンプ(英語版): 元CIAアナリスト
クリスチャン・ダッソー – ヴィツェンツ・キーファー(フランス語版)
リチャード・ウェッブ – グレッグ・ヘンリー
バウメン – スティーヴン・クンケン(英語版): ディープドリーム社幹部

スタッフ
監督 ポール・グリーングラス
脚本 ポール・グリーングラス クリストファー・ラウズ
原作 キャラクター創造 ロバート・ラドラム
製作 フランク・マーシャル マット・デイモン ポール・グリーングラス グレゴリー・グッドマン(英語版)
製作総指揮 クリストファー・ラウズ

ジェイソン・ボーンの感想 見放題-55編

私はボーンシリーズのファンだったのでこの映画が公開されることを知った時はとても喜び、そして映画館に観に行きました。
このシリーズの名物は主人公ジェイソン・ボーンが殺し屋と対決し、激しいカーチェイスを繰り広げ、そして最後は権力者にぎゃふんと言わせる爽快さです。
それらを見事描いてくれましたが、かつて三部作でやったことを一作にまとめたかのようなこじんまりとした印象があります。

ジェイソン・ボーンの評価 見放題-55編

よく言えばすっきりまとまっているということで楽しい映画なのですが、三部作と比べるとやはり物足りなく思いました。
手軽にボーンシリーズのエッセンスを楽しめるのでおすすめではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました