プライベートライアンの映画の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約3分で読めます。

プライベートライアンは1998年のアメリカの映画です。

監督はスティーヴン・スピルバーグさんで、主演はトム・ハンクスさんで話題になりました。
当時はあまり有名でなかったマット・デイモンさんが救出されるライアン役を演じています。

英語での題名は”Saving Private Ryan”です。 日本語に直訳すると、「兵卒ライアンの救出」って感じですかね。
ノルマンディー特別作戦に選ばれた精鋭8人の使命は若き二等兵の救出!

アカデミー賞で11部門にノミネートされ、監督賞など5部門受賞したノルマンディでの特別作戦を描く戦争ドラマです。

戦争映画で3人兄弟の末っ子を戦争地区から見つけ出してアメリカへつれて帰るという映画。
連れて帰る理由としては3人兄弟の上の2人が戦死してしまい兄弟全員戦死の報告をさせないために国家プロジェクトとして残されて末っ子を連れて帰り、母親の元に帰してあげるという実話を基にしてくるられている。見つけるまでさまざまな人間模様があり、探し出すために作られたチームがどんどん崩壊、戦死していく。最終的には見つかるが末っ子も帰りたくないと話し出し、戦友残して自分だけ帰れないとの話になりどんどん複雑化していく話になっている

プライベートライアンのあらすじはこんな感じです。

ノルマンディに上陸した連合軍のミラー大尉は、ライアン二等兵を戦場から救出するよう命じられる。ライアンの3人の兄が全員戦死し、兄弟すべてを死なせられないという上層部の判断だった。ミラーは中隊から7人の精鋭を選抜し、ライアンを探しに出るが…。

引用元:U-NEXT

2019年9月19日 23:59まで配信

U-NEXTの見放題で見ることが出来ます。
見放題-55.comのお得情報の紹介としてU-NEXTの無料登録した時に付与されるポイントを利用してみることも出来ます。
価格や情報については、2019年6月29日時点の情報です。
詳しくはU-NEXTの公式サイトで確認してください。

>>>プライベートライアンの動画をみるのはこちら

受賞

アカデミー賞11部門にノミネート 次の5部門を受賞した。

監督賞
編集賞(本作は2006年現在、デジタル編集に拠らない作品としては最後のオスカー受賞作である)、
撮影賞
音響賞
音響編集賞

キャスト・スタッフ
出演
(ジョン・H・ミラー大尉) トム・ハンクス
(マイケル・ホーヴァス軍曹) トム・サイズモア
(リチャード・ライベン二等兵) エドワード・バーンズ
(ダニエル・ジャクソン二等兵) バリー・ペッパー
(スタンリー・メリッシュ二等兵) アダム・ゴールドバーグ
(エイドリアン・カパーゾ二等兵) ヴィン・ディーゼル
(アーウィン・ウエイド伍長) ジョヴァンニ・リビシ
(ティモシー・E・アプム伍長) ジェレミー・デイヴィス
(フレッド・ハミル大尉) テッド・ダンソン
(アンダーソン中佐) デニス・ファリナ

監督 スティーヴン・スピルバーグ
音楽 ジョン・ウィリアムズ
脚本 ロバート・ロダット フランク・ダラボン
製作 スティーヴン・スピルバーグ イアン・ブライス マーク・ゴードン ゲイリー・レヴィンソン

プライベートライアンの感想 見放題-55編

トムサイズモアとの掛け合いのシーンは本当の戦争中の世界を見ているような感じになります。
救出される末っ子の役をマットデイモンが演じており、まだそんなに知られていない時期の出演にもかかわらず非常にはまり役で人間模様を演じている部分は見入ってしまうシーンが多々あります。

プライベートライアンの評価 見放題-55編

監督スティーブンスピルバーグがE.Tを作った次に作成した映画で今では有名になっている人が数多く出演している。
主演はトムハンクスで冒頭上陸作戦の戦争シーンから始まるが最初の10分ほどで映像と演出に圧倒されてします。
いまでこそ有名な方々を多く出演していて何度観ても飽きないシーンが多い。

英語字幕版

日本語吹き替え版

コメント

タイトルとURLをコピーしました