プラダを着た悪魔の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約3分で読めます。

プラダを着た悪魔は2006年のアメリカの映画です。

人気海外ドラマの「SEX AND THE CITY」も手掛けたデヴィッド・フランケルさんが監督をしています。
仕事で少し疲れているなぁ~と感じた時に見たいアン・ハサウェイ主演の明日の活力をきっともらえる映画です。

人気雑誌ランウェイの出版社で働くことになったアンドレアが失敗を繰り返しながら成長するストーリーになっています。
編集長のミランダは思ったことは何でも言う厳しい人で、皆から恐れられています。
しかしアンドレアの頑張りを見て、パリコレに一緒に同行させるようにするのです。
そこで相手の気持ちを踏みにじって自分を守る行為をしたミランダを見て、アンドレアはランウェイを辞める事を決めるのです。

プラダを着た悪魔のあらすじはこんな感じです。

ジャーナリスト志望のアンドレアが就職したのは、一流ファッション誌の編集部。業界の誰もが恐れる編集長ミランダの無理難題をこなしながら、自身もファッショナブルに変身していく。しかし仕事を頑張れば頑張るほど、彼氏や仲間との関係が崩れていき…。

引用元:U-NEXT

2019年11月1日 23:59まで配信

U-NEXTの見放題で見ることが出来ます。
価格や情報については、2019年6月01日時点の情報です。
詳しくはU-NEXTの公式サイトで確認してください。

>>> プラダを着た悪魔の動画をみるのはこちら

キャスト・スタッフ
出演
(ミランダ・プリーストリー) メリル・ストリープ
(アンドレア・サックス) アン・ハサウェイ
(エミリー) エミリー・ブラント
(ナイジェル) スタンリー・トゥッチ
(ネイト) エイドリアン・グレニアー
(リリー) トレイシー・トムズ
(クリスチャン・トンプソン) サイモン・ベイカー
(ダグ) リッチ・ソマー
(ジェームズ・ホルト) ダニエル・サンジャタ
レベッカ・メイダー
監督 デヴィッド・フランケル
原作 ローレン・ワイズバーガー
音楽 セオドア・シャピロ
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
製作 ウェンディ・フィネルマン

プラダを着た悪魔の感想 見放題-55編

ニューヨークを舞台にオシャレな服や靴など華やかな映像が流れる所がプラダを着た悪魔の好きな所の1つです。
アンドレアが普通の女の子だったのが、ランウェイで働くようになってからどんどんキレイになっていく姿は女子力が上がります。
アンドレアが次に受けた職場の面接で、ミランダから手紙が届いていたのには優しさを感じてホッとしました。

プラダを着た悪魔の評価 見放題-55編

厳しい世界の中でも自分を見失わずにいることの大変さを学ぶことができたのが良かったなと思いました。
どんなことでも一生懸命にやることで、自分も変わる事ができるし相手も変える事ができるのだと思いました。
ファッション雑誌はこのように作られているのだと勉強になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました