マシニストの映画の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約3分で読めます。

マシニストは2004年製作 アメリカのサスペンス・スリラー映画です。

ブラッド・アンダーソン監督で、屈強なイメージのクリスチャン・ベールの激やせブリに役者魂の凄さに驚きます。

マシニストのざっくりとしたあらすじはこんな感じです。


不眠症に悩むトレバーは、ある時同僚のアイバンに気を取られ仕事中に事故を起こしてしまう。
しかし、周りの人はアイバンのことを知らず、調べると存在すらしていないことになっていた。
身体は酷く痩せ細り、まともな食事もとれずにいたトレバーは、娼婦のスティービーや、行きつけのバーで働くマリアと過ごすことで気を紛らわしていた。
しかし、トレバーを取り巻く不可解な出来事が続き、徐々に精神が崩壊していく。
事の原因はアイバンにあると感じ、彼の乗る車を追うが、そのナンバープレートが自分の登録した車のものだった。

混乱の中、トレバーはアイバンを殺害するが、再び彼は姿を現した。
トレバーはかつて、マリアの息子をひき逃げし殺してしまった過去があり、その罪の意識から不眠症や幻覚症状を引き起こしていた。
トレバーは自首をし、解放され眠りにつく。

キャスト
トレバー・レズニック – クリスチャン・ベール
スティービー – ジェニファー・ジェイソン・リー
マリア – アイタナ・サンチェス=ギヨン
アイバン – ジョン・シャリアン(英語版)
ミラー – マイケル・アイアンサイド
ジャクソン – ラリー・ギリアード・Jr
ジョーンズ – レグ・E・キャシー
シュライク夫人 – アンナ・マッセイ

スタッフ
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:スコット・ソーサー
撮影監督:シャビ・ヒメネス
音楽:ロケ・パニョス
美術:アラン・ペイネ
編集:ルイス・デ・ラ・マドリード

マシニストの感想 見放題-55編

テーマがかなり複雑な内容なのであまり自分から見ようと思う事が殆どない映画だと思います。
クリスチャンベールのファンはダークナイトの屈強なイメージが強かったため、冒頭から屍のような姿を見て驚きました。

でも、クリスチャンベールが脚本を気にいったそうです。 
その為、365日ほとんど寝れてない主人公を演じる為に80kg程あった体重を54.4kg程度まで30kg近く体重を減らしたことで話題になりました。
実際に映画をみると、激やせがすごくて、映画のリアリティーが凄いので映画にのめりこみます。
半年後にバッドマンのオーディションがあるのに合わせてまたマッチョに体型を戻した役者魂が凄いです。

マシニストの評価 見放題-55編

映像の一つ一つの描き方が抽象的で、なんとなく謎に包まれた雰囲気でした。
ところどころに散りばめられる、意味深なキーワードやシーンに引き込まれていました。
ラストは、トレバーがなぜこうなったかと説明のつくモノで、下手に作りこまれておらず逆に好感が持てました。
とにかくクリスチャンベールのストイックさと怪演ぶりが、最大の見どころです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました