未来のミライの映画の動画をみたあらすじと感想と評価のまとめ

この記事は約3分で読めます。

未来のミライは2018年の日本のアニメ映画です。

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」『バケモノの子』等で有名な細田守監督のアニメです。
ちなみに第91回アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネートされました。

妹が生まれたことで、両親の愛情が奪われ赤ちゃん返りした4歳の男の子が、突然現れた未来の妹「未来のミライちゃん」と出会う。
そこから始まる時空を超えた不思議な冒険を経ていくうちに成長していく男の子の物語。

未来のミライのあらすじはこんな感じです。

ある日、甘えん坊のくんちゃんの家に、生まれたばかりの妹がやってくる。妹に両親の愛情を奪われ、寂しさいっぱいのくんちゃん―。そんなくんちゃんの前に、未来からやってきた妹・ミライちゃんが現れ、くんちゃんは家族と命のつながりをめぐる旅へ出る。

引用元:U-NEXT

2020年1月22日 23:59まで配信

U-NEXTのポイント540円で見ることが出来ます。
見放題-55.comのお得情報の紹介としてU-NEXTの無料登録した時に付与されるポイントを利用してみることも出来ます。
価格や情報については、2019年6月2日時点の情報です。
詳しくはU-NEXTの公式サイトで確認してください。

>>> 未来のミライの動画をみるのはこちら

主題歌 山下達郎 オープニングテーマ「ミライのテーマ」
主題歌「うたのきしゃ」

キャスト・スタッフ
声の出演
(くんちゃん) 上白石萌歌
(ミライちゃん) 黒木華
(おとうさん) 星野源
(おかあさん) 麻生久美子
(謎の男) 吉原光夫
(ばあば) 宮崎美子
(じいじ) 役所広司
(青年) 福山雅治
(遺失物係) 神田松之丞
(ミライちゃん(赤ちゃん)) 本渡楓

監督 細田守
原作 細田守
アニメーション制作 スタジオ地図
音楽 高木正勝
脚本 細田守

受賞

アニー賞 長編インディペンデント作品賞
フロリダ映画批評家協会賞 アニメーション映画賞
日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞
リスボンアニメーション映画祭 若者たち向けアニメ映画賞

ノミネート

アカデミー賞 長編アニメ映画賞
アニー賞 脚本賞
アジア太平洋映画賞 最優秀アニメーション映画賞
放送映画批評家協会賞 アニメ映画賞
Crunchyrollアニメアワード 映画賞
ゴールドダービー賞 アニメーション映画賞
ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞
サテライト賞 アニメーション・ミックスメディア賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 アニメーション映画賞

未来のミライの感想 見放題-55編

引き込まれたシーンは食後のデザートのシーンが特に印象的でした。
(もちろん他にも沢山いいところはあるけど)どうやらくんちゃんの家族は食後にみんなでデザートを食べることが日課なようだ。
デザートにはたい焼きにバターをつけたり(私も実際に試してみたが、これがとっても美味しかった)パンケーキにミックスベリーをかけてみたり。
食欲をそそるこのシーンに何度誘惑されたことか…。
そしてこの映画の私の一番のお気に入りは、くんちゃん一家が暮らす家‼建築士のお父さんが建てたオレンジ屋根の中庭のあるお家だ。
こればっかりは実際に映画を観てほしい。
シーンごとに露わになっていく家の構図には本当に魅了されるものがある。
これぞおしゃれな映画‼

未来のミライの評価 見放題-55編

…やっぱりはずれがない‼
今までの細田守監督の映画は比較的ストーリー性の高い作品が目立っていたがこの作品に当たっては、なんといっても細かいところの情景描写が素晴らしい。

カンヌ国際映画祭プレミアで2018年5月16日に上映されました。
監督週間の招待作品のなかでアニメは未来のみらいだけだったので凄いですよね。

妹に嫉妬している4歳の男の子が未来の妹と冒険して成長していく様子はほのぼのしているのでまたみたいなぁ~と感じるアニメだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました